日本刀 刀剣 販売

安心価格の豊富な品揃えから、日本刀 刀剣を4つの安心保証特典で販売する日本刀 刀剣ネット通販専門店です。


Facebookに追加 Googleブックマークに追加 mixiチェックに追加 はてなブックマークに追加 Yahooブックマークに追加

詳細画像

日本刀 刀 和泉守兼重(新刀上作)(業物)
katana [izumi_no_kami kaneshige] (sintou jou-saku) (wazamono)

日刀保 保存刀剣  NBTHK Hozon
品番:1710-1105
黒刻塗鞘打刀拵付き 白鞘入り
刃長 Blade length(HA-CHOU)74.9cm(二尺四寸七分)
反り Curvature(SORI)1.2cm
元幅 Width at the hamachi(MOTO-HABA)3.06cm
元重 Thickness at the Moto Kasane0.65cm
鎬重0.70cm
先幅1.94cm
先重0.37cm
生ぶ
国 Country(KUNI)・時代 Period(JIDAI)武蔵国 江戸・江戸時代前期 生保頃(1644-1648)
musashi edo : The Edo era first half year. SHOHO(1644-1648)
登録 宮崎 第4138号 昭和30年2月5日
鑑定書 財団法人 日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書 平成二十九年二月二日

【コメント】
和泉守兼重の師伝は明らかではないが「古今鍛冶備考」では越前出身という。
和泉守兼重の作刀が数少ない一方、上総介兼重が比較的多く遺されていることから、近年まで同一人物で仕官先の藤堂和泉守に憚って上総介へと名乗りを変えたとされていた。
しかしながら、寛文七年期の上総介兼重と江戸三代康継との合作刀に「四十三歳」の銘があり、和泉守兼重の最初期の年期銘が「寛永二年」(=上総介兼重が二歳)であることから同人説論争に終止符が打たれた。
和泉守兼重の作刀には、試刀家である山野加右衛門永久、山野勘十郎久英親子による金象嵌試し銘が多く残されている。
試し銘を継続的に作刀に施した第一人者である。和泉守兼重の地鉄の鍛えは強く、地、刃、茎仕立て、姿の特徴から虎徹の師匠と目されている。
また、金象嵌試し銘が多く残っている大和守安定、法城寺正弘、会津の三善長道等には和泉守兼重の鍛えの特徴が見られ、直接もしくは、虎徹や上総介兼重、山野家を通じて、和泉守兼重の鍛刀技術が伝播したと見られている。
江戸新刀を代表する刀工の一人です。

※天下の剣豪、宮本武蔵の愛刀が和泉守兼重と云われています。
 
 

販売価格 (price)
950,000(JPY)

 

和泉守兼重鑑定書画像
和泉守兼重全体画像
和泉守兼重各部分画像


[page top]


日本刀・刀剣販売e-sword HOME

■ 販売品ガイド| 日本刀・刀剣・刀・太刀日本刀・脇差・脇指日本刀・短刀・剣日本刀・槍・薙刀日本刀 刀装具・鍔・鐔日本刀 刀装具・その他 日本刀 鎧兜・甲冑

販売規定ご注文方法特定商取引に基づく表示買取、委託販売