日本刀 刀剣 販売

安心価格の豊富な品揃えから、日本刀 刀剣を4つの安心保証特典で販売する日本刀 刀剣ネット通販専門店です。


Facebookに追加 Googleブックマークに追加 mixiチェックに追加 はてなブックマークに追加 Yahooブックマークに追加

詳細画像

日本刀 刀(葵紋)康継於越前作之(越前三代)
katana (aoimon) [yasutsugu kore echizen_ni_oite saku] (echizen yasutsugu 3 generation)

日刀保 特別保存刀剣  NBTHK Tokubetsu Hozon
品番:1810-1052
焦茶塗鞘打刀拵付き 白鞘入り
刃長 Blade length(HA-CHOU)71.4cm(二尺三寸五分半)
反り Curvature(SORI)1.4cm
元幅 Width at the hamachi(MOTO-HABA)3.14cm
元重 Thickness at the Moto Kasane0.63cm
鎬重0.71cm
先幅2.03cm
先重0.43cm
生ぶ(やや区送り)
国 Country(KUNI)・時代 Period(JIDAI)越前国・江戸時代前期 寛文頃(1661-1673)
echizen : The Edo era first half year. KANBUN(1661-1673)
登録 東京 第216297号 昭和54年10月25日
鑑定書 財団法人 日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書 平成十七年四月八日

【コメント】
初代康継の生国は近江国下坂村で美濃国千手院の後裔という。
初銘を越前下坂と切り、後に越前にて北ノ荘藩主結城秀康(徳川家康次男)のお抱え鍛治となり、秀康の推挙により将軍家御用鍛治となり徳川家康より「康」の字を賜って康継と改銘し葵紋を中心に切ることを許された。
越前三代康継は初代康継の三男で、即ち二代康継の弟で、二代康継没後にその子(江戸三代)との間に康継家の相続争いがおこり、江戸康継家と越前康継家にわかれ、それぞれ三代康継を襲名しました、越前康継家を創立したのが越前三代康継『四郎右衛門』です。
江戸では江戸三代を継いで以降十二代まで続き、越前に於いては『四郎右衛門』が越前三代となり九代まで続いている。

※この拵えは鍔以外は現代の作です。
 
 ※This kosirae is a modern product except the tsuba.

販売済
Sold

 

康継於越前作之(越前三代)鑑定書画像
康継於越前作之(越前三代)全体画像
康継於越前作之(越前三代)各部分画像


[page top]


日本刀・刀剣販売e-sword HOME

■ 販売品ガイド| 日本刀・刀剣・刀・太刀日本刀・脇差・脇指日本刀・短刀・剣日本刀・槍・薙刀日本刀 刀装具・鍔・鐔日本刀 刀装具・その他 日本刀 鎧兜・甲冑

販売規定ご注文方法特定商取引に基づく表示買取、委託販売