日本刀 刀剣 販売

安心価格の豊富な品揃えから、日本刀 刀剣を4つの安心保証特典で販売する日本刀 刀剣ネット通販専門店です。


Facebookに追加 Googleブックマークに追加 mixiチェックに追加 はてなブックマークに追加 Yahooブックマークに追加

詳細画像

日本刀 刀 現代刀 肥後住兼重(木村兼重)(赤松太郎一門の祖)
      昭和己未年一月日
katana [higo_ju kaneshige SHOWA 54] (kimura kaneshige) (Founder of Akamatsu taro family)

居合試斬向  for iai and tameshigiri
品番:1910-1017
黒塗鞘打刀拵入り
刃長 Blade length(HA-CHOU)73.0cm(二尺四寸強)
反り Curvature(SORI)1.7cm
元幅 Width at the hamachi(MOTO-HABA)3.43cm
元重 Thickness at the Moto Kasane0.79cm
鎬重0.83cm
先幅2.29cm
先重0.55cm
生ぶ
彫物表裏棒樋
刀身重量(裸身)Sword blade weight(Only blade)955g
刀身重量(鞘を払って)Sword blade weight(Took off a SAYA)1290g
国 Country(KUNI)・時代 Period(JIDAI)熊本県八代市・現代刀 己未年(昭和54年)(1979)
kumamoto yatsushiro : Modern product. SHOWA 54(1979)
登録 熊本 昭和54年1月17日
鑑定書 -

【コメント】
肥後住兼重刀匠(木村兼重)は、昭和十七年栗原昭秀に入門。
戦時中は軍刀を鍛えられて、良く切れると評判になり、当時の刀匠位列では大業物として認められ名を高めました。
肥後住兼重は熊本県八代市二見町で鍛刀していた刀匠です。
木村兼重の御家は、人吉藩に仕えた抱鍛冶の家柄で、伝法は木村兼重刀匠から子へと伝えられ、長男が、赤松太郎兼嗣刀匠(木村兼定)、二男が赤松太郎兼照刀匠(木村兼弘)、三男が、赤松太郎兼裕刀匠(木村 馨)です。
現在の木村家は、源清麿や直胤を理想とした豪快な作域で有名で赤松太郎と号し、まさに刀一筋の一家でご子息皆が著名な刀匠となり活躍されております。
本刀は肥後赤松一門の祖、木村兼重刀匠の刀です。


 
 

販売済
Sold

 

肥後住兼重(木村兼重)鑑定書画像
肥後住兼重(木村兼重)全体画像
肥後住兼重(木村兼重)各部分画像


[page top]


日本刀・刀剣販売e-sword HOME

■ 販売品ガイド| 日本刀・刀剣・刀・太刀日本刀・脇差・脇指日本刀・短刀・剣日本刀・槍・薙刀日本刀 刀装具・鍔・鐔日本刀 刀装具・その他 日本刀 鎧兜・甲冑

販売規定ご注文方法特定商取引に基づく表示買取、委託販売