日本刀 刀剣 販売

安心価格の豊富な品揃えから、日本刀 刀剣を4つの安心保証特典で販売する日本刀 刀剣ネット通販専門店です。


Facebookに追加 Googleブックマークに追加 mixiチェックに追加 はてなブックマークに追加

詳細画像

日本刀 刀 筑州住宗勉 昌親作之(無鑑査刀匠)
  平成七年一月吉日
katana [chikushu_ju sou tsutomu masachika saku HEISEI 7] (mukansa)

品番:2010-1053
白鞘入り
刃長 Blade length(HA-CHOU)73.7cm(二尺四寸三分強)
反り Curvature(SORI)1.6cm
元幅 Width at the hamachi(MOTO-HABA)3.35cm
元重 Thickness at the Moto Kasane0.73cm
鎬重0.77cm
先幅2.39cm
先重0.48cm
生ぶ
国 Country(KUNI)・時代 Period(JIDAI)筑前国 福岡・現代刀 平成七年(1995)
chikuzen fukuoka : Modern product. HEISEI 7(1995)
登録 福岡県 平成7年1月19日
鑑定書 -

【コメント】
宗勉(sou tsutomu)刀匠は昭和2年生(1927年)、福岡市博多区山王住、父である宗正光刀匠の門人。
全日本刀匠会会員、文化庁長官賞、薫山賞などを受賞し、平成2年(1990)に無鑑査となる(宗勉刀匠が63歳)。
作風は覇気のある相州伝を得意とし清麿を模した作品が多い。

宗昌親(sou masatika)刀匠の本名は宗正敏。
昭和33年、宗勉刀匠の子として福岡市に生、昭和58年、25歳の時に父に入門。
文化庁長官賞、高松宮賞等の数々の特賞を授与され、平成18年(2006)父と同様に無鑑査となる。

※無鑑査とは。公益財団法人 日本美術刀剣保存協会が認定するもので、同協会が主催する新作刀展に於いて特賞の何れかを八回以上受賞した者、又は特賞を六回以上受賞し、その内、高松宮賞を二回以上受賞した者に対し、
同協会が認定する、併せて人格、技量共に優れている事が要される。
通常はこの無鑑査刀匠の中から「重要無形文化財保持者」(人間国宝)に推薦される。
 
 

販売済
Sold

 

筑州住宗勉 昌親作之鑑定書画像
筑州住宗勉 昌親作之全体画像
筑州住宗勉 昌親作之各部分画像


[page top]


日本刀・刀剣販売e-sword HOME

■ 販売品ガイド| 日本刀・刀剣・刀・太刀日本刀・脇差・脇指日本刀・短刀・剣日本刀・槍・薙刀日本刀 刀装具・鍔・鐔日本刀 刀装具・その他 日本刀 鎧兜・甲冑

販売規定ご注文方法特定商取引に基づく表示買取、委託販売