日本刀 刀剣 販売

安心価格の豊富な品揃えから、日本刀 刀剣を4つの安心保証特典で販売する日本刀 刀剣ネット通販専門店です。

詳細画像


大小一腰
大 刀(菊紋)越前守源信(以下切)(信吉)(新刀上作)
小 脇指 宇多平国
daishouhitokoshi(long and short set)
katana [echizennokami nobu](nobuyoshi) (sintou jou-saku)
wakizashi [uda hirakuni]

日刀保 保存刀剣
NBTHK Hozon

 刀(菊紋)越前守源信(以下切)(信吉)
dai katana [echizennokami nobu](nobuyoshi)

刃長:70.8cm(ニ尺三寸三分強) 反り:1.2cm 元幅:3.03cm 元重:0.68cm
鎬重:0.72cm  先幅:1.97cm 先重:0.49cm
茎:摺上、鑢目大筋違、目釘孔四内三埋め

国・時代: 山城国 江戸時代前後期 延宝頃 1673年頃

体配:  中切先詰る、鎬造、庵棟。
地鉄:  小板目つみ柾がかり地沸良く付く。
刃紋:  直刃調に小互の目と浅い湾れがまじり小沸良くつき小足しきりにはいる。
帽子:  直に先小丸に浅く返る。

 脇指 宇多平国
shou wakizashi [uda hirakuni]

刃長:54.5cm(一尺七寸九分半) 反り:0.8cm 元幅:2.94cm 元重:0.52cm
鎬重:0.62cm  先幅:2.02cm 先重:0.44cm  
茎:摺上、目釘孔二

国・時代: 越中国 室町時代後期 文亀頃 1570年頃

体配:  中切先、鎬造、庵棟。
地鉄:  板目肌やや肌立ち地沸付く。
刃紋:  互の目乱れに荒沸つき砂流しかかる。
帽子:  焼高く一枚ごころ。

品番:0810−1121

 

 

登録:

 大阪 昭和46年2月24日

 大阪 昭和42年11月7日

鑑定書:

 財団法人 日本美術刀剣保存協会
保存刀剣鑑定書
平成二十年三月十九日

 財団法人 日本美術刀剣保存協会
保存刀剣鑑定書
平成二十年三月十九日

 

 

【コメント】
刀(菊紋)越前守源信(以下切)(信吉)
dai katana [echizennokami nobu](nobuyoshi)

初代信濃守信吉は三品系の鍛冶で、京五鍛冶の一人として亰の油小路に住した。
越前守信吉は、初代信濃守信吉の三男で、銘を「越前守源信吉」「入道源来信吉」「高井越前守源来信吉」と切り、その作風は沸本位で沸匂いの深い刃を焼き、井上真改に迫るような直刃の作もあり、晩年は大坂に移住して鍛刀する、また大業物としても良く知られています。
本作は、沸匂い深い直刃を焼き、井上真改に迫ると言われた本工の技量を十分に示した一口です。

脇指 宇多平国
shou wakizashi [uda hirakuni]

宇多国清の門人と言う。

※販売済
[注文書を開く]

鑑定書画像
全体画像
各部分画像


日本刀・刀剣販売e-sword HOME

■ 販売品ガイド| 日本刀・刀剣・刀・太刀日本刀・脇差・脇指日本刀・短刀・剣日本刀・槍・薙刀刀装具・鍔・鐔刀装具・その他 鎧兜・甲冑

販売規定ご注文方法特定商取引に基づく表示下取り、委託販売