日本刀 刀剣 販売

安心価格の豊富な品揃えから、日本刀 刀剣を4つの安心保証特典で販売する日本刀 刀剣ネット通販専門店です。


Facebookに追加 Googleブックマークに追加 mixiチェックに追加 はてなブックマークに追加 Yahooブックマークに追加

詳細画像

日本刀 刀 常州水戸住坂東太郎鎮正入道ト伝(業物)
katana [joshu mito ju bandotaro bakusei nyudo bokuden] (wazamono)

日刀保 保存刀剣  NBTHK Hozon
品番:1910-1030
本間薫山先生鞘書き付き
黒塗鞘打刀拵付き(縁:勝茂 文化七年)  白鞘入り
刃長 Blade length(HA-CHOU)70.7cm(二尺三寸三分)
反り Curvature(SORI)1.5cm
元幅 Width at the hamachi(MOTO-HABA)3.03cm
元重 Thickness at the Moto Kasane0.66cm
鎬重0.70cm
先幅2.26cm
先重0.48cm
摺上
国 Country(KUNI)・時代 Period(JIDAI)美濃国関-常陸国水戸・江戸時代中期 延宝頃(1673-1681)
mino seki-hitachi mito : The middle of Edo era. ENPO(1673-1681)
登録 東京 第20763号 昭和26年3月13日
鑑定書 財団法人 日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書 平成三十年三月十五日

【コメント】
ト伝の本国は美濃国関、善定派の鍛冶で兄の越前守吉門と共に常陸国に移住しその後、水戸家に抱えられる。
初銘を武蔵守吉門と切り関善定兼吉十四代の曽孫と称し、兄の越前守吉門は「善良」と切るのに対して、
弟の武蔵守吉門は必ず「善定」と切るので区別しやすい。
水戸家に抱えられた後の延宝3年頃に大村加トの門人となり、延宝5年に水戸光圀公より「坂東太郎鎮正入道ト伝」の名を賜り改銘する。
ト伝の意味は加トの鍛法を伝えるという意味であるという。
作風は初期の吉門銘時代は関風の匂出来の互の目乱れが多いが、後期のト伝銘の作風は大乱刃、湾れ乱刃などで沸づいた相州伝風のものや、
鎬にかかるような華やかな互の目丁子を焼いている。
また業物としても有名です。
本作は卜伝の高度な技量を十分に示した、卜伝の典型的作品です。
付随します拵えの金具も同じく水戸の金工である勝茂の作品です。
 
 

販売済
Sold

 

常州水戸住坂東太郎鎮正入道ト伝鑑定書画像
常州水戸住坂東太郎鎮正入道ト伝全体画像
常州水戸住坂東太郎鎮正入道ト伝各部分画像


[page top]


日本刀・刀剣販売e-sword HOME

■ 販売品ガイド| 日本刀・刀剣・刀・太刀日本刀・脇差・脇指日本刀・短刀・剣日本刀・槍・薙刀日本刀 刀装具・鍔・鐔日本刀 刀装具・その他 日本刀 鎧兜・甲冑

販売規定ご注文方法特定商取引に基づく表示買取、委託販売