日本刀 刀剣 販売

安心価格の豊富な品揃えから、日本刀 刀剣を4つの安心保証特典で販売する日本刀 刀剣ネット通販専門店です。


Facebookに追加 Googleブックマークに追加 mixiチェックに追加 はてなブックマークに追加 Yahooブックマークに追加

詳細画像

笹穂槍 兼房
sasaho yari [kanefusa]

日刀保 保存刀剣  NBTHK Hozon
品番:1810-4000
拵入り
刃長 Blade length(HA-CHOU)26.9cm(九寸)
茎長34.5cm
拵え全長 Full length of the koshirae111.3cm
国 Country(KUNI)・時代 Period(JIDAI)美濃国・室町時代後期
mino : The Muromachi era latter period. 16 century.
登録 佐賀 第30589号 平成21年7月22日
鑑定書 財団法人 日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書 平成二十九年三月二十四日

【コメント】
兼房は古くは康生頃(室町中期 1455年)から始まり、左衛門次郎兼重の子と云われ、関鍛冶の頭領と言える「惣領職」を父兼重から譲り受け兼房家は代々「惣領家」と呼ばれました。
三代兼房(永正頃 1504年頃)には四人の子がいて、何れも初銘を「兼房」と切り、本作はこれらの初銘と思われますが、作柄作位が同等で何れの物かは判別し難く、今後、の研究をまつしかありません。
後に長男は「石見守国房」、次男は「河内守清房」、三男は「若狭守氏房」、四男は「助房」、と改銘しました。
また兼房 は刃紋の「兼房乱れ」(ケンボウミダレ)の作者としても有名です。

※この拵えは現代の作です。
 
 ※This kosirae is a modern product.

販売価格 (price)
180,000(JPY)

 

兼房鑑定書画像
兼房全体画像
兼房各部分画像


[page top]


日本刀・刀剣販売e-sword HOME

■ 販売品ガイド| 日本刀・刀剣・刀・太刀日本刀・脇差・脇指日本刀・短刀・剣日本刀・槍・薙刀日本刀 刀装具・鍔・鐔日本刀 刀装具・その他 日本刀 鎧兜・甲冑

販売規定ご注文方法特定商取引に基づく表示買取、委託販売