#ADDMETATAGS

日本刀 刀剣 販売

安心価格の豊富な品揃えから、日本刀 刀剣を4つの安心保証特典で販売する日本刀 刀剣ネット通販専門店です。


Facebookに追加 Googleブックマークに追加 mixiチェックに追加 はてなブックマークに追加

詳細画像

日本刀 刀 於東都常磐松昭広作之(初代吉原国家前銘)
  昭和十三年八月日
katana [toto_ni_oite tokiwamatsu akihoro saku kore SHOWA 13] (Previous name of yoshihara kuniie 1 generation)

日刀保 保存刀剣  NBTHK Hozon
品番:1910-1114
黒塗腰鮫革巻鞘打刀拵付き 白鞘入り
刃長 Blade length(HA-CHOU)65.9cm(二尺一寸七分半)
反り Curvature(SORI)1.7cm
元幅 Width at the hamachi(MOTO-HABA)3.15cm
元重 Thickness at the Moto Kasane0.67cm
鎬重0.80cm
先幅2.18cm
先重0.51cm
生ぶ
国 Country(KUNI)・時代 Period(JIDAI)茨城~東京・現代刀 昭和十三年(1938)
ibaraki-tokyo : Modern product. SHOWA 13(1938)
登録 東京 第38030号 昭和27年7月23日
鑑定書 公益財団法人 日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書 平成三十年六月十三日

【コメント】
吉原国家(初代)は吉原勝吉と言う、明治26年茨城県下妻市高道祖に生。
昭和8年に衆議院議員栗原彦三郎(昭秀)の日本刀鍛錬伝習所の開設を知り、入所第1号になる。
日本刀製作を修得し、以後、世田谷に日本荘鍛刀所を開設すると共に、頭山満の常盤松刀剣鍛錬所主任刀匠としても作刀。
また、陸軍第一造兵廠の嘱託となり、受命刀匠の育成と指導にあたる。
さらに日本刀学院師範、新作日本刀展審査部長などを歴任。古式鍛錬による日本刀を数多く製作したが昭和45年に没す行年77歳。
国家刀匠の培った技術は、孫にあたる義人刀匠・荘二刀匠兄弟へと受け継がれ、現代刀の礎を築きました。
 
 

販売価格 (price)
480,000(JPY)

ご予約済み
Hold

 

於東都常磐松昭広作之(初代吉原国家前銘)鑑定書画像
於東都常磐松昭広作之(初代吉原国家前銘)全体画像
於東都常磐松昭広作之(初代吉原国家前銘)各部分画像


[page top]


日本刀・刀剣販売e-sword HOME

■ 販売品ガイド| 日本刀・刀剣・刀・太刀日本刀・脇差・脇指日本刀・短刀・剣日本刀・槍・薙刀日本刀 刀装具・鍔・鐔日本刀 刀装具・その他 日本刀 鎧兜・甲冑

販売規定ご注文方法特定商取引に基づく表示買取、委託販売