日本刀 刀剣 販売

安心価格の豊富な品揃えから、日本刀 刀剣を4つの安心保証特典で販売する日本刀 刀剣ネット通販専門店です。


Facebookに追加 Googleブックマークに追加 mixiチェックに追加 はてなブックマークに追加

詳細画像

日本刀 刀 堀井俊秀作
  紀元二千六百年仲秋日
tantou [horii toshihide saku Showa 15]

日刀保 保存刀剣  NBTHK Hozon
品番:2010-1101
白鞘入り
刃長 Blade length(HA-CHOU)71.2cm(二尺三寸五分弱)
反り Curvature(SORI)2.1cm
元幅 Width at the hamachi(MOTO-HABA)3.30cm
元重 Thickness at the Moto Kasane0.75cm
鎬重0.82cm
先幅2.26cm
先重0.43cm
生ぶ
国 Country(KUNI)・時代 Period(JIDAI)北海道・現代刀 紀元二千六百年 昭和十五年
hokkaido : Modern product. Showa 15(1940)
登録 東京 第27984号 昭和□年3月31日
鑑定書 公益財団法人 日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書 令和二年二月十九日

【コメント】
1886年(明治19年)滋賀県生まれ、1904年(明治37年)に堀井胤吉子、堀井雄胤明の門人となる。
1906年(明治39年)に師と桜井正次の鎌倉瑞泉寺鍛刀所で作刀。
1911年(明治44年)胤明の養子,女婿となる。後、堀井一門の三代目となり、1913年(大正2年)刀剣保存会より水心子正秀の秀の字をとった秀明の名を贈られる。
1918年(大正7年)に日本製鋼室蘭工業所の招聘により入社し渡道。
1933年(昭和8年)に皇太子誕生、「明仁親王」と命名されたことから、これに憚って俊秀と改名しする。
1939年(昭和14年)後鳥羽上皇七百年祭奉納刀謹作。
1942年(昭和17年)3月、刀匠にとって最高の栄誉である元帥刀十振を宮内省より拝命、死を賭して謹作、完成半ばにして翌1943年(昭和18年)年死去。

謝恩刀、三笠刀の作者としても有名。代表作に謝恩刀吉辰日本刀匠堀井俊秀謹作、加和鋼以三笠砲材瑞泉源秀明謹作(東郷平八郎贈呈刀、小笠原長生・チェスター・ニミッツ旧蔵)。また、秩父宮、高松宮、東久邇宮の軍刀をはじめ、宮内省より下賜する短刀を鍛えた。
江戸末期以降戦前までの刀工としては一番の上手として知られ、人格清廉で人間としても各界から尊敬されていた。

※ウィキペディアより引用。
 
 

販売済
Sold

 

堀井俊秀作 紀元二千六百年仲秋日鑑定書画像
堀井俊秀作 紀元二千六百年仲秋日全体画像
堀井俊秀作 紀元二千六百年仲秋日各部分画像


[page top]


日本刀・刀剣販売e-sword HOME

■ 販売品ガイド| 日本刀・刀剣・刀・太刀日本刀・脇差・脇指日本刀・短刀・剣日本刀・槍・薙刀日本刀 刀装具・鍔・鐔日本刀 刀装具・その他 日本刀 鎧兜・甲冑

販売規定ご注文方法特定商取引に基づく表示買取、委託販売