日本刀 刀剣 販売

安心価格の豊富な品揃えから、日本刀 刀剣を4つの安心保証特典で販売する日本刀 刀剣ネット通販専門店です。


Facebookに追加 Googleブックマークに追加 mixiチェックに追加 はてなブックマークに追加

詳細画像

日本刀 刀 粟田口近江守忠綱(新刀上々作)(業物)
katana [awataguchi omi_no_kami tadatsuna] (sintou joujou-saku) (wazamono)

日刀保 特別保存刀剣  NBTHK Tokubetsu Hozon
品番:2110-1000
腰刻黒塗鞘打刀拵付き 白鞘入り
刃長 Blade length(HA-CHOU)70.7cm (二尺三寸三分半)
反り Curvature(SORI)1.4cm
元幅 Width at the hamachi(MOTO-HABA)3.33cm
元重 Thickness at the Moto Kasane0.74cm
鎬重0.75cm
先幅2.12cm
先重0.52cm
生ぶ
彫物表裏棒樋
国 Country(KUNI)・時代 Period(JIDAI)摂津国大阪:江戸時代中期 元禄頃
Settu osaka : The middle of Edo era.GENROKU (1688-1704)
登録 福岡 第91574号 平成2年2月15日
鑑定書 公益財団法人 日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書 平成三十一年二月二十五日

【コメント】
粟田口近江守忠綱(初代)は慶長十四年に播磨国姫路に生れ姓は浅井。
粟田口国綱の後裔と称し銘に粟田口を冠した。
寛永十四年頃より山城にて鍛刀し、後の慶安元年頃に大阪に移住し、延宝四年六十七歳の作までのものを見る。
子に、名工の誉れ高い一竿子忠綱をはじめ摂津守忠行、近江守忠光、正綱がおり、弟子に、長綱、包綱、広綱、吉綱などがおる。
粟田口近江守忠綱(初代)は大阪新刀の創成期を代表する一人です。

粟田口近江守忠綱(二代)は延宝頃に近江守を受領し、合勝軒、一竿子と号し。
天明四年に千代田城中に於いて佐野善左衛門が時の大老田沼意次を討ったのが粟田口近江守忠綱(二代)の大脇差であったので、
世直大明神と江戸市民に賞賛され、粟田口近江守忠綱(二代)の人気が一層出たと言われています。
粟田口近江守忠綱(二代)は作刀の技量が高く、今日では「新刀最上作」と位置付けられ、刀身彫刻の名手としても名高く、
さらには良く切れる刀(業物)として良く知られ、井上真改、津田越前守助広、以後の大阪新刀を代表する刀工です。

※当刀は銘より粟田口近江守忠綱(二代)の作品と思われますが、一説には(初代)の晩年銘とも言われます。

刀剣の業物一覧
※ご参照下さい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/刀剣の業物一覧
 
 List of Wazamono.
※Please refer.
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Wazamono

販売価格 (price)
1,200,000(JPY)

 

刀 粟田口近江守忠綱(新刀上々作)(業物)鑑定書画像
刀 粟田口近江守忠綱(新刀上々作)(業物)全体画像
刀 粟田口近江守忠綱(新刀上々作)(業物)各部分画像


[page top]


日本刀・刀剣販売e-sword HOME

■ 販売品ガイド| 日本刀・刀剣・刀・太刀日本刀・脇差・脇指日本刀・短刀・剣日本刀・槍・薙刀日本刀 刀装具・鍔・鐔日本刀 刀装具・その他 日本刀 鎧兜・甲冑

販売規定ご注文方法特定商取引に基づく表示買取、委託販売