日本刀 刀剣 販売

安心価格の豊富な品揃えから、日本刀 刀剣を4つの安心保証特典で販売する日本刀 刀剣ネット通販専門店です。


Facebookに追加 Googleブックマークに追加 mixiチェックに追加 はてなブックマークに追加

詳細画像

日本刀 小太刀 備州長船守元(小反り)
kotachi [bishu osafune morimoto] (kozori)

日刀保 特別保存刀剣  NBTHK Tokubetsu Hozon
品番:2110-1054
茶変塗鞘小太刀拵付き 白鞘入り
刃長 Blade length(HA-CHOU)58.7cm (一尺九寸四分)
反り Curvature(SORI)2.2cm
元幅 Width at the hamachi(MOTO-HABA)2.61cm
元重 Thickness at the Moto Kasane0.53cm
鎬重0.58cm
先幅1.64cm
先重0.33cm
摺上
国 Country(KUNI)・時代 Period(JIDAI)備前国長船:南北朝時代 貞治 ― 室町時代初期 応永
bizen osafune:The Nanbokuchou era JYOUJI-The Muromachi Period OHEI. (1362-1428)
登録 広島 第29116号 昭和43年2月15日
鑑定書 公益財団法人 日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書  平成三十年三月十五日

【コメント】
小反りは南北朝時代から室町時代前期に備前国長船で栄えた刀工群を指し秀光、重吉、安光、成家、家守、守元等が代表工で、大宮一派もこの刀工群に入ると云われています。
応永備前の小反り派には盛光、康光、経家、家助、守元等が有名工です。

長船守元は、銘鑑によれば初代は長船兼光の門人で、時代を南北朝期の貞治から応安頃、二代を永徳から応永の初期と記しており、
以下室町時代中期の寛正頃にかけて同銘数代の継承が見られますが、いずれも現存する作品は非常に少ない。
当小太刀は銘が太刀銘に切られていますので応永以前に作られた初代か二代の作品と思われます。
 
 

販売価格 (price)
650,000(JPY)

 

小太刀 備州長船守元(小反り)鑑定書画像
小太刀 備州長船守元(小反り)全体画像
小太刀 備州長船守元(小反り)各部分画像


[page top]


日本刀・刀剣販売e-sword HOME

■ 販売品ガイド| 日本刀・刀剣・刀・太刀日本刀・脇差・脇指日本刀・短刀・剣日本刀・槍・薙刀日本刀 刀装具・鍔・鐔日本刀 刀装具・その他 日本刀 鎧兜・甲冑

販売規定ご注文方法特定商取引に基づく表示買取、委託販売