日本刀 刀剣 販売

安心価格の豊富な品揃えから、日本刀 刀剣を4つの安心保証特典で販売する日本刀 刀剣ネット通販専門店です。


Facebookに追加 Googleブックマークに追加 mixiチェックに追加 はてなブックマークに追加

詳細画像

日本刀 太刀 相模国住靖要作 (増田要) (靖国刀匠)
   昭和五十年八月吉日
tachi [sagami_no_kuni yasuyoshi saku SHOWA 50]
(masuda kaname) (yasukuni_toshou)

居合試斬向  for iai and tameshigiri
品番:2110-1099
朱塗鞘打刀拵入り
刃長 Blade length(HA-CHOU)74.1cm(二尺四寸四分半強)
反り Curvature(SORI)1.9cm
元幅 Width at the hamachi(MOTO-HABA)3.53cm
元重 Thickness at the Moto Kasane0.63cm
鎬重0.74cm
先幅2.39cm
先重0.45cm
生ぶ
彫物表裏棒樋
刀身重量(裸身)Sword blade weight(Only blade)880g
刀身重量(鞘を払って)Sword blade weight(Took off a SAYA)1210g
国 Country(KUNI)・時代 Period(JIDAI)神奈川:現代刀 昭和五十年
kanagawa:(Modern product). SHOWA 50 (1975)
登録 神奈川 昭和52年1月19日
鑑定書 -

【コメント】
靖要刀匠の本名は増田要で、大正4年1月10日栃木県生、昭和12年に東京九段靖國神社内日本刀鍛錬会に入会、初めは阿部靖繁刀匠の先手となり後に村上靖延刀匠の先手となる、昭和19年に陸軍大臣より刀匠銘靖要を受銘する、靖要刀匠受銘者数12人の内の1人です。
戦後は神奈川県茅ヶ崎で作刀を再開し新作刀展に於いては奨励賞を含む数々の賞を19回受賞する。
本作品は青江に範を取った作品と思われます。

※靖国刀(やすくにとう)
昭和8年7月、東京九段・靖国神社境内に、陸海軍将校 同相当官の軍刀整備 を目的として、財団法人日本刀鍛錬会 が組織される。
ここで製作された刀を 靖国刀 と呼び、従事した刀匠を 靖国刀匠 と言う。
大東亜戦争終結までの12年間に、8100振りの刀を鍛える。
※トム岸田著 「靖國刀」より引用。
 
 

販売価格 (price)
480,000(JPY)

 

太刀 相模国住靖要作 (増田要) (靖国刀匠)   昭和五十年八月吉日鑑定書画像
太刀 相模国住靖要作 (増田要) (靖国刀匠)   昭和五十年八月吉日全体画像
太刀 相模国住靖要作 (増田要) (靖国刀匠)   昭和五十年八月吉日各部分画像


[page top]

 


日本刀・刀剣販売e-sword HOME

■ 販売品ガイド| 日本刀・刀剣・刀・太刀日本刀・脇差・脇指日本刀・短刀・剣日本刀・槍・薙刀日本刀 刀装具・鍔・鐔日本刀 刀装具・その他 日本刀 鎧兜・甲冑

販売規定ご注文方法特定商取引に基づく表示買取、委託販売