#ADDMETATAGS

日本刀 刀剣 販売

安心価格の豊富な品揃えから、日本刀 刀剣を4つの安心保証特典で販売する日本刀 刀剣ネット通販専門店です。


Facebookに追加 Googleブックマークに追加 mixiチェックに追加 はてなブックマークに追加

詳細画像

脇差 勢州桑名住義朋斎三品広房作
   慶応三年八月日 応国保業房需
wakizashi [seishu kuwana_ju gimeisai mishina hirofusa saku KEIO 3]

日刀保 特別保存刀剣  NBTHK Tokubetsu Hozon
品番:1910-2051
朱塗鞘脇差拵付き 白鞘入り
刃長 Blade length(HA-CHOU)55.3cm(一尺八寸二分)
反り Curvature(SORI)1.8cm
元幅 Width at the hamachi(MOTO-HABA)2.94cm
元重 Thickness at the Moto Kasane0.71cm
鎬重0.75cm
先幅2.10cm
先重0.47cm
生ぶ
国 Country(KUNI)・時代 Period(JIDAI)伊勢国桑名・江戸時代後期 慶応三年(1867)
ise kuwana : The Edo era latter period. KEIO 3(1867)
登録 愛知 第4750号 昭和26年9月30日
鑑定書 財団法人 日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書 平成三十一年二月二十五日

【コメント】
「広房」は、伊勢国桑名(現在の三重県桑名市)に住した刀工で、
「陸奥守大道」一門の九代大道の弟であった「三品広道」の長男という。

房信らとともに偽作を造り、俗に桑名打ちといわれているものは、この一門の作だといわれているが、
備前伝だけでなく沸匂いのふかい互の目乱れもあって作域が広く技量の高い鍛冶である。

「勢州桑名住義朋斎三品広房」「義面斎三品半兵衛広房」等と刻銘した。
 
 

販売価格 (price)
450,000(JPY)

 

勢州広桑名住義朋斎三品房作鑑定書画像
勢州広桑名住義朋斎三品房作全体画像
勢州広桑名住義朋斎三品房作各部分画像


[page top]


日本刀・刀剣販売e-sword HOME

■ 販売品ガイド| 日本刀・刀剣・刀・太刀日本刀・脇差・脇指日本刀・短刀・剣日本刀・槍・薙刀日本刀 刀装具・鍔・鐔日本刀 刀装具・その他 日本刀 鎧兜・甲冑

販売規定ご注文方法特定商取引に基づく表示買取、委託販売