日本刀 刀剣 販売

安心価格の豊富な品揃えから、日本刀 刀剣を4つの安心保証特典で販売する日本刀 刀剣ネット通販専門店です。


Facebookに追加 Googleブックマークに追加 mixiチェックに追加 はてなブックマークに追加

詳細画像

脇差 安倫(仙台)
wakizashi [yasutomo] (sendai)

日刀保 特別保存刀剣  NBTHK Tokubetsu Hozon
品番:2010-2070
黒塗鞘脇差拵付き 白鞘入り
刃長 Blade length(HA-CHOU)45.3cm (一尺四寸九分半)
反り Curvature(SORI)0.8cm
元幅 Width at the hamachi(MOTO-HABA)3.05cm
元重 Thickness at the Moto Kasane0.64cm
鎬重0.64cm
先幅2.28cm
先重0.43cm
生ぶ
国 Country(KUNI)・時代 Period(JIDAI)陸奥国 仙台:江戸時代前期から中期 貞享頃~正徳頃 (1684-1716)
mutsu sendai : The middle of Edo era .17-18 century. JOKYO-SHOTOKU (1684-1716)
登録 大阪 第79674号 昭和51年4月6日
鑑定書 公益財団法人 日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書 昭和六十三年七月二日

【コメント】
余目五左衛門安倫は、承応四(1656年)に父の「安倫」急死につき明暦二年出府し、父と同じく大和守安定の門人となる、(父は初銘「倫祐」と切り、後に「安倫」と改名するも、父の「安倫」銘の作品はありません、故に余目五左衛門「安倫」が初代とされています。
安倫が品川の藩邸に住した伊達綱宗の慰作の相手鍛冶をつとめてた事は有名で、晩年に仙台に帰るという。
その後、安倫銘は仙台の地で連綿と引き継がれて、二代貞享頃(1684-1688)、三代正徳頃(1711-1716)、四代寛保頃(1741-1744)、五代宝暦頃(1751-1764)、六代寛政頃(1789-1801)、七代文化頃(1804-1818)、八代嘉永頃(1848-1854)、に活躍した。
本作品の代別を特定することは困難ですが、二代又は三代の作品と思われます。
 
 

販売価格 (price)
580,000(JPY)

 

脇差 安倫(仙台)鑑定書画像
脇差 安倫(仙台)全体画像
脇差 安倫(仙台)各部分画像


[page top]


日本刀・刀剣販売e-sword HOME

■ 販売品ガイド| 日本刀・刀剣・刀・太刀日本刀・脇差・脇指日本刀・短刀・剣日本刀・槍・薙刀日本刀 刀装具・鍔・鐔日本刀 刀装具・その他 日本刀 鎧兜・甲冑

販売規定ご注文方法特定商取引に基づく表示買取、委託販売