日本刀 刀剣 販売

安心価格の豊富な品揃えから、日本刀 刀剣を4つの安心保証特典で販売する日本刀 刀剣ネット通販専門店です。


Facebookに追加 Googleブックマークに追加 mixiチェックに追加 はてなブックマークに追加

詳細画像

脇差 奥州白川臣手柄山正繁 (濤乱刃) (新々刀上々作)
   享和元年二月日
wakizashi [oshu shirakawa-shin tegarayama masashige KYOWA 1] (toran-ba)
(sinsintou joujou-saku)

日刀保 特別保存刀剣  NBTHK Tokubetsu Hozon
品番:2410-2001
黒塗鞘脇差拵付き 白鞘入り
刃長 Blade length(HA-CHOU)39.2cm (一尺二寸九分強)
反り Curvature(SORI)0.6cm
元幅 Width at the hamachi(MOTO-HABA)2.91cm
元重 Thickness at the Moto Kasane0.57cm
鎬重0.58cm
先幅2.17cm
先重0.44cm
生ぶ
国 Country(KUNI)・時代 Period(JIDAI)陸奥国:江戸時代後期 享和元年 (1801)
mutsu : The Edo era latter period. KYOWA 1 (1801)
登録 島根 第12962号 昭和44年3月31日
鑑定書 公益財団法人 日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書 令和五年八月二十五日

【コメント】
手柄山正繁は、四代丹霞氏繁(氏重二代)の次男として姫路に生れ、兄の五代氏繁が早世し、大阪に出て自ら六代氏繁を名乗ります。播磨の手柄山に住んだことから代々、手柄山を名乗った。
正繁は、天明8年(1788)、白河藩主松平定信に知行五百石で抱えられ、江戸で鍛刀し、享和3年(1803)に甲斐守を受領。
晩年定信(楽翁候)より「神妙」の二字を賜る。
正繁の作風は、地肌は板目がつみ、無地風となり、刃文は濤乱風大互の目乱れが得意で、刃中はよく沸え、華やかで、冴えて明るく、その技量は当時より高く評価され、水心子正秀と好対をなす刀工として名高い。
本作品は正繁の得意とする濤乱刃を華やかに焼いた典型作です。
 
 

販売価格 (price)
450,000(JPY)

 

脇差 奥州白川臣手柄山正繁 (濤乱刃) (新々刀上々作)   享和元年二月日鑑定書画像
脇差 奥州白川臣手柄山正繁 (濤乱刃) (新々刀上々作)   享和元年二月日全体画像
脇差 奥州白川臣手柄山正繁 (濤乱刃) (新々刀上々作)   享和元年二月日各部分画像


[page top]

 


日本刀・刀剣販売e-sword HOME

■ 販売品ガイド| 日本刀・刀剣・刀・太刀日本刀・脇差・脇指日本刀・短刀・剣日本刀・槍・薙刀日本刀 刀装具・鍔・鐔日本刀 刀装具・その他 日本刀 鎧兜・甲冑

販売規定ご注文方法特定商取引に基づく表示買取、委託販売